黒ずみと睡眠の関係

黒ずみ改善方法

黒ずみと睡眠の関係

避けたい肌のトラブルである黒ずみを防ぐには、生活習慣を正しくすることが必須です。

ストレスを上手く発散させる技術を身につけたり、食事に気を配る必要があります。

食事やストレスなどは自分の都合や周りの環境により左右されやすいですが、睡眠は自室や静かなところでとる人が多く、誰にでも見直せることができます。

また睡眠には、肌トラブルを防ぐだけでなく、日中絶え間なく働いた脳を休ませたり体をリラックスさせる意味もあります。そのことから、黒ずみなどの肌トラブル以外にも、さまざまなメリットがあるのです。

体の調子が良く感じると自然と気分が上がってきたり、仕事の効率が良くなったりすることもあります。

肌に対して必要な睡眠時間は6時間から7時間といわれています。しかしこの時間分睡眠をとれば良いというわけではなく、睡眠の質も非常に大切です。

睡眠の質を上げるには、温かいお風呂に浸かったりホットミルクを飲んだりして体を温めたり、寝室などの睡眠場所の雰囲気を落ち着いたものにするなど、環境の整備も必要です。

睡眠は浅い眠りと深い眠りを約90分ごとに繰り返します。その繰り返しがうまくいかないと睡眠が浅くなってしまい、睡眠中に行われる肌の補修が上手く行われません。結果的にダメージが蓄積されトラブルの原因となります。

そのため、黒ずみなどのお肌のケアに時間をかけることは良いことですが、それが原因で十分な睡眠が取れないとそれは本末転倒です。



TOP PAGE