黒ずみ 医療機関

黒ずみ改善方法

黒ずみは医療機関に行くべきか?

鼻の黒ずみなどは、自分で対処する人が多いと思います。しかし年月が経ってしまったものや、年齢による肌のトラブルなどは専門医に相談することも大切なことです。

年齢を重ねるにつれ、肌の再生能力も下がってきます。今までと同じケアの方法ではスピードが追いつかなくなってしまうことがあるかもしれません。

皮膚科などは、美容目的と考えられ健康保険が適応にならない場合があります。よく確認しましょう。

また、肌を再生させるにはとても時間がかかります。普通の風邪でしたら1週間から2週間ほど風邪薬を服用すれば健康になりますが、肌は症状が消えるまでずっと医療機関に通わなければなりません。

皮膚は1ヵ月ほどで治るものもあれば、何年もかかることもあります。何年通うのか、どんな治療をするのかは担当する医師と相談をしましょう。

また、何度も通うため通いやすい場所にあるなどの立地の問題や、担当医師との相性なども人それぞれです。ちょっとでも、不安を感じたら他の医療機関に相談する勇気も必要です。

今まで皮膚科を利用したことがない人もたくさんいると思います。どんな治療をするのか、痛いのか、どのくらい費用がかかるのか、未知の領域だと思います。

そういった心配を減らすためにも、治療に取り掛かる前にきちんと相談し納得した上で処置を受けましょう。また、皮膚科医院で行う治療以外に生活習慣にも指示があると思います。病院だけに頼りっきりにならず、自分の生活も見直してみましょう。



TOP PAGE